「世界と共存するファッション」のために

私は「世界と共存するファッション」をテーマとして卒業研究を行いました。

元々興味があったファストファッションに関しての問題点と、ファッションと環境の関係性について調べる機会になれると思ったからです。

卒業研究のため、周りの人達はどう思っているのか、ニュースとネット上の記事ではこういう問題を具体的にどう発表したのかが気になりました。

私と同じ考え方の人が以外といっぱいいることを知り、嬉しいと思いました。

多くの人達が別にファッションに興味がなくても、何かをする上で環境のことを考えなければならないと思っている所が私の意見と同じで、嬉しかったです。

色々調査とアンケートを行い、パワーポイントを作る時は初めだったので結構大変でした。

しかも、ほぼ終わらせたパワーポイントのデータがなくなって、その時は本当にやる気をなくして全部辞めたかったです。

でも、やはり自分が思っていることをベースとして自分らしいブランドを作ってみたかったので、諦められなかったです。

パワーポイントもそうだったんですが、実物で作った卒業制作品まできちんと完成させたかったので、心で泣きながら作るしかなかったです。

でも、その過程があって最後にもっと自分の作品に愛情が込めてたと思います。

終わった時はその話ももう笑いながらできたので、自己満足かもしれませんが、こういう経験もあって良かったなと今は思います。

やはり終わった時は「もっと時間があればもっといい作品にできたかもしれない」とか、「もっと勉強と調査をしてパワーポイントを作ったら良かった」とか物足りない感じはありますが、今度の卒業研究を通じて自分の中で感じたことや学んだことがいっぱいありますので、これを今からは仕事に入れ込んでやってみたいと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る